10/19(土)第4回アセアン講座「黄金の国ミャンマーの "おもてなし"」

ミャンマーでは、去る7 月、遺跡の町パガンがユネスコ世界遺産に登録されました。このパガンをはじめ、ミャンマーには黄金のパゴダ(仏塔)が無数にあり、国民は仏教への信仰が厚いことで知られます。外国人に優しく、「おもてなし」精神が豊富なところに日本人との共通点も多いと言われます。近年は日本企業の進出も進み、日本語を学ぶ人が急増しています。また、日本人勤勉さ、安全な社会環境の評判が高く、日本に留学したいと思う人が増えています。"アジア最後のフロンティア"とも言われるミャンマー。日本人と日本語が大好きという親日派が多いミャンマーについて理解を深めることができるこの講座へ、皆様方のご参加を心よりお待ちしております!

日  時:令和元年10月19日(土)13:30~15:00

場  所:(公財)とやま国際センター研修室A

講  師:ナン ミャ ケー カイン 氏(東京外国語大学 非常勤講師)

定  員:40名

参 加 費:無料

申込締切:令和元年10月15日(火)

申込方法:住所、氏名、電話番号を明記の上、お申し込みください。

チラシ ⇒ コチラ

お申込・お問合せ先

(公財)とやま国際センター  担当:高桑

930-0856 富山市牛島新町5番5号インテックビル4階
TEL 076-444-2500 /  FAX076-444-2600
E-mail tic@tic-toyama.or.jp (メールの件名に「アセアン講座申込」とご記入下さい)